携帯電話の買い取り専門店「携帯商店」

使用しなくなった携帯電話を売却

携帯電話現在、新しい機種の携帯電話が続々と登場しています。
より便利なものや、厚みの薄いもの、楽しみ方、好みのデザインなどで、頻繁に携帯電話を買い替えることも少なくありません。
そうした時に、それまで使用していたまだ比較的新しく、人気の携帯電話を使用せずに自宅に置いたままにしているのは勿体ないと感じられるのではないでしょうか。

携帯電話の買い取り専門店「携帯商店」は、「他店対抗」「大量買収」が大きな特徴です。
買い取りの際には、店頭と郵送の二つの方法があります。

買い取りの方法

携帯電話を買い取ってもらう方法は、電話にて査定依頼をします。
店頭での買い取り方法の場合は、商品の査定が済んだら店舗へ行き、同意書に記入後、現金にての支払いで終了です。
郵送の場合は電話で査定の予約をします。

査定の際には買い取り希望の携帯電話の機種やメーカー名、キャリア名などを基準とし、買い取り金額が出されます。
この時出された金額は、携帯電話が翌日午前中到着までの有効です。
査定価格に納得したのであれば、「買取申込書」をダウンロードして準備し、元払いにて郵送します。

郵送の際には、携帯電話の故障や破損がないよう梱包にも配慮しましょう。
店頭の場合も郵送の場合も身分証明書が必要となり、店頭の場合は印鑑も持参となります。

また、郵送の場合はダウンロードした書類の記入漏れなどがないかの確認もしましょう。
身分証は郵送の場合口座入金か現金書留かで必要な書類、及び、身分証の写しかになり、身分証の写しも、身分証の種類により規定に違いがあります。

また予約なしでの郵送の携帯電話や休業日に到着した携帯電話は、到着時の値段対応になります。

売却する際の注意点

必要なくなった携帯電話を売る際には、他の商品を売る時とは違った点での注意点があります。
実際に売る時にはこちらのサイトも合わせてご確認ください。
>>携帯電話を売る前に[じゃんぱら]|ケータイ買取
携帯電話は多くの情報が入っていますし、携帯電話の会社での契約もしています。

売る際には「白ロム」といい、携帯電話の端末にそれまで入っていた電話番号やアドレス、画像などを全て消した状態にする必要があります。
つまり、売られた携帯を新たに使用する側が、新しい携帯電話を購入し、使用を開始する時と同じ状態にするということです。
売る側にとっても個人情報流出を防ぐ点などにおいても必要だと考えられます。

暗証番号の初期設定と、ICアプリや生活アプリを使用している場合には削除を行います。
有料サービスを利用している場合は、解約も忘れずに行いましょう。
また、携帯電話の水漏れ、動作不良、一部の破損などがないかも確認しましょう。
携帯電話は売る際の状態や箱、付属品がついているかどうかにもより、買い取り価格に違いが出ることもありますので、箱や備品についても配慮するとよいのではないでしょうか。