いらないものを上手に手放す

物を手放す基準

部屋を片付けたい、収納の中をすっきりさせたいという時に、どこからどのように片付けるでしょうか。
室内を片付ける時には、まず「捨てる」とハッキリしているものを捨てます。
次に使えるけれど、使う予定がないというものについては、捨てる、もし迷っているなら保留にしておきましょう。

基本的に購入後に年数が経っても使用していないものや、暫く袖を通していない服などは、保留にしておいてもまず使う機会はないものです。
しかし使っていないとしても、大切な思い出があるもの、気に入っているものについては、辛い思いをしたり、無理をしたりしてまで捨てる必要はありません。
実用的、心理的といった面において必要なものを取っておき、必要でないものを処分する点などを踏まえ、自分にとっての取っておくもの、捨てるものの基準を設けて片付けると迷う時間やものがぐんと減るのではないでしょうか。

片付ける時の収納

部屋を片付け、疲れてしまうとつい、収納にとりあえず入れてしまおうと思ってしまうこともあるかも知れません。
しかし、収納は必要なものを出し入れする重要な場所です。
収納は収納で片付ける必要があります。

収納を片付ける際には、一度収納されているものを出し、必要なものとそうでないものを分け、必要以上に買い足しているものや、手前に置いておくと便利だと思うものについても把握します。
収納に合ったケースなどを利用しながら、どういった時に使うものかも想定し、片付けていきましょう。

また、ものが入りきらなくなったからと新たな収納ボックスを増やして行く前に、収納に入りきる量を維持する心がけもしましょう。
新たに購入したアイテムがあれば、同じ種類のアイテムの古いもの、もう使っていないと判断したものから処分していく習慣がつくと、収納されているものを見直す機会にもなりますし、ものがどんどん増えていくことが避けられます。

使わなくなったものの買い取り

使わなくなったものは、人により、捨てるか、身近で譲り受けたい人にあげるか、売るかといった選択肢があります。
使わなくなったものを売りたいと考える際には、オークションの他に、専門店での買い取りサービスに依頼する方法もあります。

本やDVDなど数が多いと重くなるものは、専門店によっては配送料をお店が負担して査定、買い取りを行っています。
どのくらいの量の本をどのお店に買い取ってもらうか、どんな本を買い取ってもらいたいかといった点から、お店を探すとよいでしょう。

他に時計やバッグ、趣味のアイテムなどは、それらの専門店での査定を依頼すると、専門の査定員による査定が行われるため、希望に沿った買い取り価格になる可能性が高くなります。