日本刀の処分

もともと持っている人たちが少ないから、日本刀など処分する方法が判らなく困ってしまうものです。
日本刀をそのまま捨ててしまえば、近所の人たちもびっくりして、警察に通報するでしょうね。
もちろん、そのようなものを安易に捨てることは出来ません。

日本刀のあるお家

実際に、周囲の人たちに聞いても、日本刀を持っているという声を聞くことが出来ないかもしれませんが、意外と日本刀を持っている家は、お屋敷でなくても多くあります。
そして、日本刀をどのように処分していいか困っていると言います。

なぜ処分しなければならないかと言えば、維持するのに、費用や根気など必要になってしまうからです。
いざ捨てる場合、包丁と日本刀とは全然違うのです。
非常に困ったという声も多く聞きます。

捨てる前にこのようなことを確認する

日本刀があることがわかったら、まず「登録証」が付属しているかをチェックしてください。
それは、日本刀1本に対して必ず1枚つく戸籍のような存在であり、美術品として日本刀を所持が出来るという証明です。

登録証がない状態を知りながら保持することで、不法所持となり、罰せられるので注意をしてください。
付属してないケースでは、管轄の警察署に連絡し手続きする必要があります。

発見届出済証をもらい、次に登録証という流れです。
そうでない場合には没収されるということになりますので、捨てる人には、ラッキーかもしれません。
届出済証があれば、不法所持ではありません。

警察で処分してもらう

日本刀を処分したいけど、方法が判らない、何をしていいかとまどっている人たちは、管轄の警察署で処分してもらうというのが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。
しかし、ここでは貴重な美術品としての日本刀という意味合いは全然持たないことになります。

警察によって、日本刀は簡単に裁断されてしまうことになります。
日本刀は危険なものである以上に、美しい日本の文化を物語る、芸術作品なのかもしれません。
そのような日本刀が欲しいと思っている人たちも多くいます。

日本刀買取センターにお願いする

そのような時、全国刀剣買取センターに買取をお願いしてみてはいかがでしょうか。
全国刀剣買取センターに買い取りをお願いすれば「宅配キット」がお客様のもとに届きます。

お客様の作業は日本刀を入れて返送するだけなので全然手間がかからないです。
刀身の状態や作者、真贋や年代などをしっかり見積もりをして、買取価格を出します。

日本刀本体ということでなくて、鐔・小柄・縁頭という外装だけでも買取OKです。
要らないから捨てよう、私達は飲んだジュースの空き缶なら簡単に捨てることが出来るのですが、このような、なかなか簡単に捨てることが出来ないものもあるので注意をしましょう。
安易はすぐに逮捕に繋がってしまうのです。