衣類の処分

たくさんたまった衣類をどのような方法で処分すればいいのでしょうか。
簡単に方法が見つからないから、どんどんご自宅のタンスに溜まりっぱなしという人たちも結構多くいらっしゃるようです。

何年も着てないけど、捨てるのはもったいないと思っている人たちがいます。
ちょっと流行遅れだけど、また流行は戻ってくるものかもしれません。

今は着ないけど、いつか着る時が来るに決まっているなどと考えるとどんどん捨てる時期を逸してしまうものです。
このさい、捨てるという決断も必要です。

そのとき、自分で期間を設定して、その期間に一度も着なかったものは処分するというルールを作るのも方法です。
その時、デジカメで一枚写真を撮っておきましょう。
写真を撮ることで、随分簡単に捨てる決断が出来るようにもなったりするものです。

衣類はどのような処分の方法があるのか

衣類は電化製品、大型家具と比較しても処分の方法がそれほど難しいということではありません。
それは、燃えるゴミとして普通に出すことが出来るからです。

ごくごくノーマルのゴミの処分の方法です。
しかし、正確に言えば、綿100%は燃えるごみですが、ナイロンやレーヨン、ポリエステルといった化学繊維は自治体によって処分の方法が違っていたりするのです。

細かく裁断したり、燃えないごみ扱いにしなければならなかったり、 布製品専用の指定日があるという場合もありますので、事前に処分方法を確認するようにしてください。
そして、衣類も大量に捨てるとなれば、かなりの量になるので、日々コツコツ捨てるという姿勢も必要になって来ます。

リサイクルショップを利用する

しかし、その服は、他の人たちが現在欲しいと思っているものかもしれません。
そんな衣類を、燃えるゴミとして処分するのは、非常にもったいない話しでもあります。

リサイクルショップや古着屋を利用すれば、私達は、処分と同時にお金をもらうことが出来るかもしれません。
ただし、需要と供給の関係によって価格は決まり、あなたが依頼した衣類全部が買取されると決まっている訳ではありません。 

持って行った衣類に一つも値段がつかないこともあるでしょう。
思っているよりも全然価格が安く、リサイクル業者は思っているよりシビアと思うかもしれません。
わずかでもお金になれば、得というポジィティブな精神で向かっていただきたいものです。

ネットオークションやフリマ

衣類ならまだまだ方法があります。
インターネットを利用して、ネットオークションというのも方法です。

インターネットなら世界中の人たちが注目しており、そして、買いたいという人たちを競争させる原理があるため、思わぬ金額になる場合もあります。
焦らず、朗報を待ちましょう。
そして、アクティブな人たちは、天気のいい日、フリマに出店するというのも方法です。