物捨トレーニング

物を捨てるトレーニング

家が片付かないと嘆きつつ、どこから手をつけていいのか分からないということはないでしょうか。
そうした時にはまず手元、目につくところなどから始めてみると良いでしょう。
大がかりな片づけを始める前に、お財布の中にたまっているレシートや鞄の中に入っている街で無料配布されたもの、コンビニなどでもらった袋やスプーンなどから整理していきましょう。

普段から物がたくさんある状態に慣れていても、お財布がすっきりとスリムになったり、テーブルの上に散らかっていたコンビニの袋やダイレクトメールがなくなっただけで、ずいぶんと見た目も気分も変わってきます。
また毎日の小さな片付けと同時進行したいのが、不必要なものを増やさない習慣です。

無料配布でもらったものやダイレクトメールはひとつひとつはコンパクトですが、たまればそれなりに場所を取ります。
そうした普段の小さなものを蓄積させず、なるべく早い段階で必要かどうかを判断し、必要ないものは捨てる習慣をつけましょう。
日頃からゴミ出しをこまめにすることも、部屋の片付けにつながります。

不要になる収納ボックス

物が増え始めると、新しい収納ボックスを買ってしまうことはよくあります。
収納ボックスによっては素敵な家具が増えた、と嬉しい思いもあるかもしれません。
しかし、その収納ボックスに入るものは、本当に必要なものかを考えることも重要です。

半永久的に使う予定のないものを収納ボックスに次々に収めていくことが、効率的かどうかを考えてみると良いでしょう。
どうしてもとっておきたい大切なものでしたら、きちんと収納して保存したいものです。
しかし、もう使うことのない趣味の道具やレジャー用品、壊れて修理を予定しつつもそのままになっている家電、不使用だけれど買った時点で使う気があまりなかったものなどが、新たな収納ボックスに収まり、場所を取っているのであれば再考してみる必要があるのではないでしょうか。

必要ないもののリスト

片付けの際にこれは必要だろうか、と迷うこともあります。
ですから片付ける前にあらかじめ必要ないものをリストアップしておくと、円滑に片付けが進められます。

例えばブランド品の紙袋や、もう何年も使用していないスポーツ用品や、家電の備品や洋服の予備のボタンなどをもう必要ないと判断すると、片付けの上で出て来るものを分けやすくなります。
こうした片付けをしていくことで、使わないと判断したものの中にはまだ製造日から年数がそれほど経っていない状態のよいものも出てきますし、そうしたものはリサイクルショップなどに出すことも可能です。