1. >
  2. >
  3. 買取専門店、質屋、リサイクルショップの違いは?
店頭に並ぶバッグ

買取専門店、質屋、リサイクルショップの違いは?

買取専門店、質屋、リサイクルショップの違いを説明できますか。それぞれの違いを分かっておくと後々、自分が何かを売りたいと思ったときに役立ちます。引っ越し、大掃除をしていると、今まで行方が分からなかったブランドバッグや使わなくなってしまった貴金属・ジュエリー・高級時計などが見つかることもあるでしょう。ここでは、三者の違いを徹底説明しています。どこでどのように買取をしてもらえばいいのか役に立ててください。

リサイクルショップ

宝飾品やブランド品だけでなく、フィギュア、ゲーム、家具、DVD、洋服、家電、本、スポーツ用品などを売買しています。

物を大量にまとめて売るのには適していますが、質屋や買取業者に比べると、売値が低く、価格がつかないものもあります。お金にするというより処分感覚で持ち込むのがいいでしょう。

また、パソコンやブランド品は査定に専門知識が必要なため、専門的にブランドを扱っている業者に依頼し、プロ目線から見た価格査定をしてもらいましょう。リサイクルショップの中には、買取不可の物品に関して、引き取ってもらえない業者もいるので、あらかじめ電話やメールでチェックをします。

質 屋

いったん担保としてあずかった物品の価値をもとにお金の融資をしています。(つまり買取をしている業者ではありません。)質の融資には期限があり、多くの場合3カ月を基準としています。あずかった商品は、有効期限が切れるまで、倉庫できちんと保管されます。元金に質料を加えて支払をすれば、預けた品物はいつでも返してもらえる仕組みです。

期限を過ぎても元金の返済がなされない場合は、質流れになり、質屋が品物を処分する権利を取得し、買取のような形になります。

買取業者

バッグや宝石類などのブランド品を中心に、さまざまな品物の買取をしています。業者ごとに商品知識やノウハウが違うため、買取をしてもらうなら複数の業者に査定してもらいましょう。

また、ブランドによっても得手不得手があり流通チャネル強いブランドを扱っている買取業者の方が高価買取してもらえる可能性が高くなります。例)ヴィトン買取 https://www.eco-ring.com/
買取方法には店頭買取・宅配買取・出張買取のほか、LINEやネットミーティングアプリでの鑑定も増えています。

まとめ

買取専門店、質屋、リサイクルショップの違いについて解説をしました。リサイクルショップは大量に処分したいときに、質屋は一時的にお金が必要なときに、買取店は高く買取ってもらいたいときと使い分けます。それぞれのお店の特徴を利用して不用になったものを売却しましょう。