ソファの処分

やっぱり大きな家具など処分することは、とても大変なことです。
購入する時から、そのようなことを多少意識していた方がいいかもしれません。

出来れば簡単にソファーを処分したい

出来れば簡単にソファーを処分したいものです。
果たしてそんな方法って、存在しているのでしょうか。
それは、自治体に引き取って貰う方法か、リサイクルショップでの買取か、はたまた、業者さんにお願いする方法か。

まず大まかに分類すれば、方法はその三つです。
リサイクルショップを利用する方法、そして、自治体を利用して粗大ゴミとして出す方法、そして、 回収業者さんにお願いする方法です。

リサイクルショップにお願いする

まず、リサイクルショップに出すということを考えてみましょう。
あなたにとって、ソファーは要らないものかもしれませんが、他の人たちがそのソファーを必要としているかもしれません。

だから、リサイクルショップでは、不要品などを引き取ってくれたりします。
しかし、高価買取などリサイクルショップに期待しているとたいていの場合、悉く裏切られるものです。
タダで引き取ってもらうことが出来ればラッキー程度に思っていた方がいいかもしれません。

その時、リサイクルショップに、「出張買取」、「無料査定」のキーワード程度は抑えて選択をしてください。
ソファーはとにかく、自分で運ぶことが大きな手間なのです。

粗大ごみとして自治体へ

そして、もう一つ、粗大ごみとして自治体へお願いするという方法があります。
まずは、お住まいの自治体のホームページを確認する、または電話番号を確認して、電話するようにしてください。
それぞれの自治体にルールがありますので、それをしっかり守るようにしてください。

たとえば、新宿区の場合、事前に自治体に連絡をし、粗大ごみシールの購入を購入しなければなりません。
簡単と言えば簡単なのですが、原則自分で出すという大きな問題を抱えています。

高齢者たちではやっぱりなかなか難しい問題です。
ただし、新宿区の場合、65歳以上の一人暮らしの方、身体に障害を持っていらっしゃる方は、自治体の作業員がお手伝いをしてくれます。

自治体への依頼ということで、どなたも安心して利用出来るというメリットはあります。
しかし、いつの時でも、粗大ごみ用のシールを購入をしなければならないデメリットは存在しています。

粗大ごみ回収業者にお願いする

最後に粗大ごみ回収業者にお願いする方法があります。
そのような人たちは、信用出来る人たちなのでしょうか。

公的機関である自治体とちがって、専門の業者は粗大ゴミの回収が商売です。
便利に利用することができますが、当然料金が発生することになるため、まず連絡をして来てもらい、見積もりをしてもらいます。

金額的に納得出来たら正式に依頼することになります。
その時相場などもしっかりチェックしておきたいものです。