冷蔵庫の処分

使用しない冷蔵庫は一体どのような方法で処分すればいいのでしょうか。
冷蔵庫も、大きくて重いから、なかなか大変そうということが想像出来ます。

冷蔵庫は、家電リサイクル法があり、自由に捨てることが出来ないのです。
私達の日常生活で、家電リサイクル法はやっぱり意識しなければならない法律です。

冷蔵庫をはじめ、エアコンやテレビ、洗濯機などの大型の家電は、自由に捨てることが出来ないのです。
つまり以前は粗大ゴミとして捨てることが出来たのに、リサイクル法で料金がかかるようになってしまったとも言えます。

販売店に依頼する

新しい冷蔵庫を購入する時、家電量販店などの販売店に引き取ってもらうやり方がありますが、これは実際に無料ではありません。
繋がっているという意味では段取りもうまく行く可能性が高いですが、引き取りには、5千円前後の料金が発生します。
しかし、買い換えでない時など、購入した店舗にお願いするなど方法が必要です。

家電リサイクル券を購入

自分で家電リサイクル券を購入したうえで、 指定引取場所に持ち込むという方法もあります。
その時、自分で運搬しなければならない問題があるのですが。

やはり冷蔵庫の抱える問題は、自分一人でなかなか移動出来ないことです。
家電リサイクル券は、郵便局で購入することが出来ます。

冷蔵庫の容量とメーカーによって料金が決定しますから、事前にチェックして郵便局へ行くようにしましょう。
指定引取場所は、お住いの自治体に再度問い合わせをする必要があります。

中古品として回収してもらう方法

そして中古品として回収してもらう方法があります。
冷蔵庫はまだまだ使用することが出来るかということも大事なポイントです。
もし使えるのなら、誰かにもらってもらうことも考えることが出来ます。

買取サービスを行っている業者があるので、そのような業者にお願いするのも方法です。
冷蔵庫を処分すると思っているのに、買取してお金をもらうことが出来るとすれば、それは本当にラッキーなことです。

いろいろな業者がいるので、出張費、査定料など注意をして選択をしてください。
無料キャンペーンをしているところなどもあります。

不用品回収業者にお願いする

そして、不用品回収業者にお願いするという方法もあります。
それぞれの業者に料金設定がありますので、しっかりチェックしてお願いするようにしましょう。

不用品回収業者にとって、価値あるものか、そうでないかによって、料金は変わって来ます。
そして、冷蔵庫以外に何か一緒に処分したいものがあれば、同時にお願いすることで、料金を安く出来る場合もあります。

とにかく、冷蔵庫は、重たくて大きいものであり、自分一人でなかなか処分出来ないものです。
ですから、しっかりとまずは計画が必要です。