パソコンの処分

かなり自由なスタイルで、パソコンなどを購入するかもしれませんが、そのときパソコンを捨てる時にどうすればいいかをしっかり考えて購入しているでしょうか。
パソコンは要らないからと、勝手にポイと捨てることが出来ないのです。

「資源有効利用促進法」という法律が存在しているのをご存じでしょうか。
メーカーによって自主回収・リサイクルをしなければならないということです。

事業用パソコンには、平成13年4月から、家庭用パソコンには平成15年10月からそれが義務づけられたのです。
不燃物・粗大ゴミで全然問題なしと安易に考えている人たちが結構多いようですが、もちろんそれはアウトです。

ノートパソコンのような小さなものも法律の対象です。
ノートパソコンなら大丈夫といい気になっていると、そこには、個人情報が入っているから、身元がすぐにばれるということもあるかもしれません。

ただし、プリンターやキーボード、マウスと言ったものは対象ではありません。
不燃物・粗大ゴミとして出しても大丈夫です。

注意をしなければならないこと

やはり、パソコンは、他のゴミよりも捨てることが面倒くさいのです。
データの取り扱いにも注意をしなければなりませんし。

ハードディスクに個人情報が残されている訳ですが、初期化すれば、個人情報が全部消えるということでもありませんのでかなりここにも注意が必要です。
特殊な方法を使えば読みとりなんて簡単に出来てしまうのです。

廃棄の方法

さて、実際にどのような方法でパソコンを廃棄すればいいかということですが。
インターネットで検索をすれば、廃棄・処分してくれる業者を見つけることが出来ます。
送料は自分で負担するけど、廃棄費用は無料というケースが結構多いようです。

その時も、ハードディスクのデータが消去出来ているか不安は残るところですが、業者によっては、ハードディスクのデータ消去も行ってくれるところがありますので、調査をしてみてください。
ご近所にも、パソコンを無料で回収してくれる業者を見つけることが出来るかもしれません。
パソコン部品のみの廃棄をしてくれるところ、更に製品を問わず無料廃棄・回収してくれるところも段々と増えてきたようです。

パソコンメーカーが回収

さらに、パソコンメーカーがパソコンを回収します。
その時、PCリサイクルマークが付いている場合は無償なのですが、PCリサイクルマークが付いていない場合には、有償です。

データ消去は 基本的に自己責任です。
メーカーによる処分・回収の方法は、指定されたメーカーの指示に従うようにしてください。

あなたもパソコンはひょっとしたらメーカーによって買取をしてもらうことが出来るかもしれません。
ここにはパソコンを捨てるという問題と、データ消去という二つの問題を抱えています。