カーペットの処分

大きすぎて捨てる時にどうしていいか判らないというものの中にカーペットがあります。
その上にはタンスやピアノなどが置かれてあり、移動させるのもかなり大変だったりします。

気分一新のために、カーペットを替えるという人たちももちろんいるでしょう。
カーペットはゴミとして処分します。

その時カーペットは可燃ごみなのでしょうか?不燃ごみなのでしょうか?それとも粗大ゴミなのでしょうか。
サイズが大きいものは粗大ごみとして、小さい場合、不燃ゴミとなるケースが多いようです。

サイズの大きいカーペット

サイズの大きいカーペットは、自治体のルールに従って、粗大ごみとして回収してもらいます。
自治体それぞれのルールがありますので、直接確認をしてみてください。

60㎝×30㎝ならどうかという具合に具体的寸法で示すと相手も判りやすいです。
担当の人に、不燃ゴミで大丈夫と言われるケースもあるかもしれません。

いちいち確認するのが面倒くさいからと、 山中や空き地へ不法投棄する人たちも、未だいるようです。
今、そのような行為は、非常に監視も厳しくなってますので、決してしてはなりません。
注意をしてください。

カーペットは素材によって変わる?

カーペットでもう一つ注意をしなければならないのは、素材によって変わるということです。
カーペットの素材によって、可燃ゴミで出すことが出来、または不燃ゴミとして出さなければならないことにもなります。

小さいサイズのカーペット程度、または、ゴミ袋に入る程度に切れば問題はありません。
しかし、可燃ごみ、不燃ごみどちらで出せばいいかが判らないのです。

一般的には、 ウールや綿、麻、絹などの天然繊維や素材オンリーで作られたカーペットの場合、燃えるゴミで問題はありません。
しかし、 レーヨン、ナイロン、アクリル、ポリエステル、ポリプロピレン、などの合成繊維で作られたものは、サイズが大きくないものも、不燃ゴミで出す必要があったりします。

カーペット裏地にゴム素材がついたカーペットに対してもです。
その時も、カットできるものはごみ袋に入るサイズにカットして出すようにしてください。

50㎝×50㎝と言った正方形タイルカーペットも、不燃ゴミとして出します。
バラバラにならないようにビニール紐などで固定して出すようにしてください。

大きなカーペットは、小さくカット

大きいカーペットも小さくカットしてしまえばいいのです。
大変は大変かもしれませんが、小さくすることで、捨てることは楽になれます。

根気よく時間を費やしてやって行く以外方法はありません。
そして、バラバラにならないように、しっかり紐で固定などして、ゴミ袋に入れてください。
カーペットには、それぞれ自治体のルールがあるので、それを守ることは鉄則です。