突っ張り棒活用法

空いているスペースの有効活用

収納スペースにものを入れた時、上方が均一に空いていることはないでしょうか。
ものを入れる底面積はいっぱいだけど、上は空いている、という時にその上方部分に突っ張り棒をセットすることで、新たな収納スペースができます。

ちょっとしたスペースのように思えますが、そのスペースを利用することで、さまざまな収納スペースがより便利になります。
こちらのサイトでもより詳しく説明されています。
>>突っ張り棒の活用法[M3Q]|女性のためのキュレーションメディア

例えばキッチンの収納スペースの間が空いている時には突っ張り棒を二本入れると、ラップやジップロックの入っている長細い箱状のものが収納できます。
ただ収納できるというだけでなく、見やすく取り出しやすいメリットもあります。

キッチン以外にもデスクの引き出し下のスペースに突っ張り棒を入れると、つい踏んでしまうティッシュペーパーの箱を下向きにセットし、使いやすく活用できますし、トイレの棚の下に突っ張り棒を一本セットするとトイレットペーパーを置くスペースができます。
また突っ張り棒には、収納スペースを作ることの他に、棚の中を隠すカーテンの役割や、タオル掛けといった役割の活用方法もあります。

突っ張り棒とS字フック

突っ張り棒を一本セットし、そこにS字フックをかけると、また新たな方法で収納ができます。
キッチンの流し台などの下の収納部分に突っ張り棒をセットし、S字フックをかけ、そこにお鍋やフライパンをかけられますし、お鍋の蓋は洗濯バサミではさんでさげられます。

他に、突っ張り棒を二本セットし、ジップロックと、袋の口を閉めてとめられるカラーバーを用意します。
ジップロックに乾物の食材を入れ、カラーバーが突っ張り棒二本にひっかかるようにすると、使いたい乾物の食材もすぐに見分けられます。

洗濯機の傍では、S字フックに洗濯ネットをかけ、洗濯するものを分けて入れられるように活用すると便利です。
また突っ張り棒二本を部屋の壁と家具との間に狭い間隔でセットし、突っ張り棒二本に布を通すとそこに本やCDが入れられ、壁掛けブックシェルができます。
他に、取っ手のついたカゴの両側にS字フックをかけての収納や、少し長めのS字フックを使用し、底の浅いカゴをかけての活用法もあり、見た目の工夫もできます。

突っ張り強力ポールの活用法

突っ張り棒は軽いものを空いているスペースに収納する方法がある一方、耐荷量の多めのものに対応できる強力ポールという突っ張り棒を活用する方法もあります。
突っ張り強力ポールの上に収納ボックスを置き、タオルや衣類を入れると、かなりの収納スペースが作れます。

突っ張り棒はさまざまな場面でとても収納に便利ですので、活用する際には何を収納するのかを想定しましょう。
通常の突っ張り棒の耐荷量は四キロ程度ですので、強力ポール、突っ張り棒と適した場所で活用するとよいでしょう。