財布の整理整頓

お財布の整理整頓はスッキリが基本

財布お財布は常に持ち歩き、お金やカードなど大切なものを収納しています。
使用するお財布の種類、使い方は金運にも関係するといわれますが、その根拠となるのは、やはりお財布の中身です。
常にお財布の中がきれいに整理整頓されているということは、お金の管理がきちんとできていることに繋がりますし、お財布内の収支についても把握しやすくなります。

ではどうしたらよいか、といいますと、まずお財布の中の無駄なものを出しましょう。
第一に挙げられるのがレシートです。
ついお釣りと一緒にお財布に入れてしまいがちですが、その日使った金額を把握するためにもお財布から出し、家計簿に使用するか捨てるかしましょう。

またどんどんと増えてお財布の厚みを増やしていくのがポイントカードです。
ポイントカードは、買い物の際の特典も多く、活用したいカードです。
しかし、多くのポイントカードをお財布に入れたままにしておくと、ポイントの有効期限がいつの間にか過ぎてしまっていたり、きちんと特典を活かせなくなります。
他にもクレジットカードをはじめとするカード類はよく使用するもののみをお財布に収納し、使用する頻度の低いものは自宅で保管し、定期的に整理するとよいでしょう。

お財布内のお金

お財布には、使えるだけのお金全てを入れてしまわずに、決めた額を入れるようにしましょう。
週ごとなど、一定の期間に使うお金を決めておきます。
次にお金を入れるまでの間、節約しなければならない日もあるかも知れませんが、そうした時のお金の使用法などからも、お金を大切に思えるようになります。

また、買い物の際に小銭を出すのが面倒でお札を出してしまうかも知れませんが、できるだけ小銭も使いましょう。
小銭で払える時に小銭をきちんと使用することで、お財布が膨らんでかさばることがなくなります。

お金にまつわる話

お金はものの売買が円滑に行われるために必要なものです。
そのお金は「基本的に寂しがり屋」なのだそうです。
ですから、お財布の中にお金以外のものが多く混在していると、仲間のいるところへ、とお財布から出て行きやすくなるのだそうです。
そうしたお金の「気持ち」も考慮してみるとどうでしょうか。

また、お財布の色は黄色がいいといわれていますが、お金が多く入るとともに多く出るともいわれていますので、茶色や黒がいいようです。
赤は、赤字やお金を燃やす火を連想させることから、金運を上げるのには向いていないかも知れません。
使用するお財布のお値段ですが、あまりにも安いものは金運を上げるのに向いていないため、少しよいお財布を選ぶとよさそうです。

長財布が一般的によいとされているのは、お金がお財布の中で居心地がいい状態であることからだそうです。
しかし、無理に長財布を使用しなくとも、お金を大切にできるお財布であれば、よいと思われます。