物を捨てられない理由

物を捨てられずに起る悪循環

片付けようと思った際に手近なものに目を向けたとします。
これはまだ捨てられない、とその場に置き、これもまだ、これは無理といった具合に捨てられないものばかりになっていくと、結果として部屋は片付きづきません。
捨てられない状態にあることから片付けが後回しになり、掃除がしにくい悪循環が起こります。

この片付けで問題なのが、明らかに捨ててよいものばかりではなく、まだ使えるもの、いつか使うのではないかと思われるものが混ざっている点です。
しかし、いつか使う、と思って保存しているものの使う機会がなく、片付ける際にどうしようか、と考え、使うかも知れないと保存を延期した結果、実際に使う可能性がどのくらいであるかを考えてみましょう。
未来の自分のためにとものを取っておくことは悪いことではありませんが、そのために現時点での自分の生活スペースが狭まり、普段使用するものまでが出し入れしづらい状態になってしまうことが最善であるとは言い難いのです。

捨てるのが躊躇われるもの

片付けで意外とネックになるのが、人からの贈り物や手紙、年賀状の類です。
これから思い出とともに相手の心も込められていると感じるものが多いことから、処分するのが躊躇われがちです。

もちろん大切な思い出の品全てを使わないという理由で捨てる必要はありません。
けれど全てをずっと取っておくことも難しいのが現実です。

そうした際にまず、贈られたものに対する感謝の気持ちや、贈り主からの気持ちと、贈られたものとを分けて考えましょう。
つまり、贈り物を介したお互いの気持ちを忘れない一方で、不必要なものと感じている現状には従ってもよいということです。

また他の捨てるかどうかの基準として、思い出の品を使う、使わないとは別に、その思い出の品が現在の自分にとってどんなものであるかを考えてみるというのがあります。
思い出すたびに頑張れる、幸せな気持ちになれるものと、重苦しい気持ちになるものがあれば、現在の自分にとって過去の重苦しさをとっておく必要があるのか、と考えてみましょう。

物を捨てるための手段

必要なもの、必要でないものを分けた後の処分の方法は、とにかくすぐに実行できることを優先して決めましょう。
捨てると決めたものの、リサイクルショップへ持って行く洋服を一度きれいにしなければならないとか、家電は梱包が必要であるという場合に、すぐにそれを実行できれば問題ありません。

しかし、「じゃあ今度やるから」とそのまま放置してしまっては、せっかくの片付けが終わりません。
物を片付ける手段には、ゴミに出して捨てる他に、譲り受けたいと希望する人にあげる、リサイクルショップやオークションで売るなどがあります。
どの選択肢がよいかは人によって違いますので、その中で一番決断しやすく、且つ実行に移せる方法が最善といえるでしょう。