捨て過ぎ注意

捨て方の注意点

ものを捨てられ、すっきりと暮らす人はお金も貯まりやすいといわれています。
それは本当に必要なものをより分けられ、無駄になるものを買わない習慣からだと考えられます。

片付けを始めようと思い立った際には、とにかく周囲にあるものを少しでも減らそうと考えまるものです。
片付けた際にも、「これだけものを減らしてすっきりした」という充実感が得られますし、その充実感から次々にものを捨てる習慣もつくかも知れません。

ただし、ここで気をつけたのは、本当に必要なものを捨てようとしていないか、という点です。
高価でも長く使い続けられる家具や洋服、食器類への愛着までも無理に断ち切る必要はありません。
捨てるものは使えないものや、使わないもの、いらないものです。

しかし、「また買えばいいから」という発想で、買った時点からすぐに捨てると捉えてものを購入し、買った当時の予想通りすぐに捨てては似たような新しいものを購入するのでは、結果的に出費がかさんでしまいます。
片付けをし、捨てるものと残しておくものを分ける時には、間に合わせではなく、長く愛用できるものを見極め、より居心地のよい部屋づくりを目指すとよいのではないでしょうか。

間に合わせで安物を買わない片付け方法

片付けをして部屋をすっきりさせた時に、新しい家具や日用品が必要になります。
とりあえず買いそろえなくては、と考えますが、この時に早く揃えたいからと安易な選び方をしないことが大切です。

「これでいいかな」というくらいの気持ちで、それほど気に入っているわけでもないけれど、値段も手ごろで、近場で購入できるからという理由で新しいものを購入したとします。
しかし、そうした姿勢で買ったものは、いずれ新たに片付けをした際に捨てる対象となる可能性が高くなります。
また、買い物をする時にあまりお金に余裕がないので、ひとまずこれを買っておこうという状態での買い物をしますと、よほど具体的な計画がない限り、いつも間に合わせの安い品物を購入することの繰り返しになります。

ひとつひとつは安価であっても、何度も買いかえればそれなりの出費になります。
新たにものを購入する時には予算面において可能な範囲であれば、それほど安価でなくとも長く使える、値段からではなくそのものが気に入ったという理由での購入が望ましいでしょう。

捨てた後の片付け

ものを捨て、「ああ、すっきりした」と満足して終わってしまいがちですが、片付けはものを捨てた後にもあります。
ものを捨てた時点では、ものが減った部屋に過ぎません。

片付いている部屋とは、必要なものはあり、整頓され、不必要なものがない状態をいいます。
不要なものを捨てた後、本当に必要なもの、残しておくべき大切なものを知るとともに、新たに購入する時にどのように選んでいくかを再考してみると、お金も貯まりやすくなるのではないでしょうか。