遺品の処分

高齢者社会に向かい、遺品の処分をしなければならないと考えている人たちも少なくはありません。
しかし、一番何をどうしていいか判らない処分なのではないでしょうか。

故人のことが忘れられなくて、一つ一つのものに対して、思い出がつまり、何一つ捨てることが出来ないかもしれませんし、故人が長年住んだ家の中を整理するのは、本当に体力的にも苦痛であり、整理しなければならない人たちも、高齢化してしまっているのです。
まずは、遺品整理に私達は無知なのですが、方法を学ぶことが大事です。

誰でも、そのような体験に遭遇してしまうものです。
みなさんが余裕のある時に、知っておくのが一番いいのですが。

遺品整理をしなければならない環境

誰もが、すぐに処分を始めなければならないという訳ではありません。 
遺品整理をしなければならない環境は人それぞれです。

法律で、こうと遺品の整理の方法が決定されている訳ではありません。 
しかし、故人がなくなり、心の整理のためにも遺品整理は、有効的方法かもしれません。
何かきっかけを見つけなければ、ずるずるといつまでも悲しみを背負いこんでしまうことになります。

遺品整理をすれば、新しい人生の一歩をスタートさせること出来るかもしれません。
そして、更に故人が賃貸物件に住んでいたという場合は、スピーディーに遺品整理をしなければ、月々の家賃が発生してしまうことになります。
その時は、やはり、気持ちの整理がついてからという呑気なことは言ってもられないのです。

遺言書の問題

ただし、遺品整理には、いろいろ注意をしなければならない問題があります。
故人が遺言書を書いていた場合なども注意が必要です。

そして、遺品整理をしている時に、そのような遺言書が見つかる場合もあります。
封印されていた場合、勝手に開けることは禁止されているので、注意をしてください。

5万円以下の罰金が課せられる可能性があります。
その時は、家庭裁判所に持っていき、相続人立ち合いの元で開封しなけれならないです。

あわてて遺品整理をする必要はない

遺品整理をしなければことが先に進まないと思っている人たちも多いようですが、敢えて、そんなにあわてて遺品整理をする必要はあるのでしょうか。
故人の悲しみがまだ収まっていない場合、無理に整理しようという気持ちを持てば、必要なものも捨ててしまう可能性があります。

新しいスタートのために、遺品整理が必要というものの一概には、誰もに当てはまる言葉ではありません。
そのあたりのことも、よく考えて行動を取るようにしましょう。

もめ事を起こる可能性

遺品整理は、自分一人の問題ではありません。
遺品整理を勝手にして後々親戚などとのトラブルの火種となる可能性もありますので、よく相談をするようにしてください。

形見分けも大事です。
話しあいをした結果、遺品整理業者に頼むというのも最近よくある流れです。

日本刀の処分

もともと持っている人たちが少ないから、日本刀など処分する方法が判らなく困ってしまうものです。
日本刀をそのまま捨ててしまえば、近所の人たちもびっくりして、警察に通報するでしょうね。
もちろん、そのようなものを安易に捨てることは出来ません。

日本刀のあるお家

実際に、周囲の人たちに聞いても、日本刀を持っているという声を聞くことが出来ないかもしれませんが、意外と日本刀を持っている家は、お屋敷でなくても多くあります。
そして、日本刀をどのように処分していいか困っていると言います。

なぜ処分しなければならないかと言えば、維持するのに、費用や根気など必要になってしまうからです。
いざ捨てる場合、包丁と日本刀とは全然違うのです。
非常に困ったという声も多く聞きます。

捨てる前にこのようなことを確認する

日本刀があることがわかったら、まず「登録証」が付属しているかをチェックしてください。
それは、日本刀1本に対して必ず1枚つく戸籍のような存在であり、美術品として日本刀を所持が出来るという証明です。

登録証がない状態を知りながら保持することで、不法所持となり、罰せられるので注意をしてください。
付属してないケースでは、管轄の警察署に連絡し手続きする必要があります。

発見届出済証をもらい、次に登録証という流れです。
そうでない場合には没収されるということになりますので、捨てる人には、ラッキーかもしれません。
届出済証があれば、不法所持ではありません。

警察で処分してもらう

日本刀を処分したいけど、方法が判らない、何をしていいかとまどっている人たちは、管轄の警察署で処分してもらうというのが一番手っ取り早い方法ではないでしょうか。
しかし、ここでは貴重な美術品としての日本刀という意味合いは全然持たないことになります。

警察によって、日本刀は簡単に裁断されてしまうことになります。
日本刀は危険なものである以上に、美しい日本の文化を物語る、芸術作品なのかもしれません。
そのような日本刀が欲しいと思っている人たちも多くいます。

日本刀買取センターにお願いする

そのような時、全国刀剣買取センターに買取をお願いしてみてはいかがでしょうか。
全国刀剣買取センターに買い取りをお願いすれば「宅配キット」がお客様のもとに届きます。

お客様の作業は日本刀を入れて返送するだけなので全然手間がかからないです。
刀身の状態や作者、真贋や年代などをしっかり見積もりをして、買取価格を出します。

日本刀本体ということでなくて、鐔・小柄・縁頭という外装だけでも買取OKです。
要らないから捨てよう、私達は飲んだジュースの空き缶なら簡単に捨てることが出来るのですが、このような、なかなか簡単に捨てることが出来ないものもあるので注意をしましょう。
安易はすぐに逮捕に繋がってしまうのです。

おもちゃの処分

子供さんが小さい頃遊んでいたおもちゃも、押入の中に一杯溜まり、占拠してしまっているのではないでしょうか。
子供さんもすぐに成長して、おもちゃもそれほど使用されておらず、捨てるのがもったいないと思っている家庭も多いはずです。

そんなおもちゃも、いつか思い切って処分しなければならない時が来ます。
おもちゃは、どのような方法で処分をすればいいのでしょうか。

そのおもちゃはまだ必要?

実際に、子供さんに聞けば、そのおもちゃは、まだ捨てて欲しくないと言われるかもしれません。
おもちゃは、子供さんにとって、思い出の品です。

お母さんが勝手に処分するということではなく、子供さんに相談するようにしてください。
しかし、その時、子供さんは、全部要るというかもしれません。

その割には、子供さんは、新しいゲームに夢中になって、昔のおもちゃに見向きをしなかったりします。
子供さんは結構調子がいい相手なのです。
子供さんに、その時、選別させるようにし向けることが大事なのです。

それは、子供さんが大人に成長して行く上の教育としても必要なことです。
お母さんが、ここから三つだけ残して、それを子供さんに選ばせるということも方法です。

売れる場合も

さて、おもちゃの処分の方法ですが、今、インターネットのオークションという方法もあります。
子供さんの成長が早いから、周囲のお母さんたちも、出来るだけ、おもちゃを安い価格で購入出来ないかと考えているものです。
需要が多ければ、意外な高価格で売れるかもしれません。

知り合いに譲る

オークションという方法もいいかもしれませんが、やっぱりお母さんにとって、そのおもちゃは、以前持ち主がおり、それが誰だか判らないという不安もあります。
そのような問題を回避するために、友だちや、親戚に譲るという方法もあります。

その時、お金を期待することが出来ないかもしれませんが、ものを譲るというのもコミュニケーションなのです。
人と人が繋がり、いずれ、自分にもメリットとして戻ってくることがあるはずです。

時代時代の流行りのおもちゃがあり、おもちゃは、新しいものでなければ駄目というものもあり、誕生日プレゼントなどに、人のお下がりではちょっとと思うのかもしれませんが、ジャングルジムやブランコなど、流行に左右されない、お下がりでも全然問題がないというものもあります。
そのようなものは、ただ捨てるというのではなく、有効的に、リサイクルするべきです。

リサイクルショップで買取

おもちゃの処分は、更にリサイクルショップで売るという方法もあります。
思わぬ価格がここでも期待出来るかもしれません。
そして、おもちゃを必要としている人たちに寄付という形を取ることも出来ます。

食器の処分

いろいろな人たちからプレゼントされ、景品にもつき、食器は意外とどんどんたまってしまうものではないでしょうか。
更に、捨てる方法が判らないからどんどん収拾がつかなくなってしまうのです。

日常生活をもっとスリムに過ごしたいというのなら、やっぱり食器を捨てるモチベーションは大事です。
私達は、ただお茶を飲むのに、いつもお気に入りのものを一つ程度使っているだけです。

それなのに、湯飲み一つとっても本当に、いくつ家の中に存在してしまっているのでしょう。
まずは、どのように捨てるかその方法を勉強しましょう。

不用品回収業者

手っ取り早い方法として、ごっそりと不用品回収業者にお願いをしましょう。
国際社会支援推進会・ワールドギフトというところでも、食器を回収して、海外発展途上国へ物資支援を行うという運動をしています。

あなたにとって、そんなに不要な食器だとしても、海外の人たちにとっては、大事な食器となってくれることでしょう。
ただし集荷料金がかかり、ダンボールの大きさで2400円~3400円程度となります。

事前にホームページで確認をするようにしてください。
不用品回収業者なら家の近くにもあるので、それをチェックしましょう。

その時、料金がどのようになっているのか確認することが一番大事なことです。
ひょっとしたら悪徳業者もいるかもしれませんので用心も必要です。

燃えないゴミで捨てる

そして、食器は、燃えないゴミで出すことが出来ます。
ただし、大量の食器となれば、迷惑がかかることもありますので、役所などへ確認するようにしてください。

食器は、まとまればかなり重たいのです。
一日で、すべて終了出来ると思わずコツコツやるモチベーションも大事でしょう。

リサイクルショップへ売る

実際に、食器を処分するという時に、お金をもらうことが出来れば、一番いい方法です。
リサイクルショップまで持っていけば、要らない食器を買取してくれるかもしれません。

ただし、要は需要の高いものは、高い価格がつくということであり、ブランドのものなどはかなり期待することが出来るかもしれませんが、やっぱり何度も使用したものに対して、かなり価格が落ち、買取をしてくれない場合もあります。
売れるか判らないものも一度リサイクルショップへ持ち込むことをおすすめしますが、食器は重たいからなかなか大変なのも事実です。
もうけるためには、それだけ努力もしなければならないということになります。

いかがでしょうか。
食器は、簡単に燃えるゴミで捨てることが出来ない、意外と手間がかかるものなのです。
高齢者になるほど、そのようなものを捨てる機会を失うから、日頃ものを増やさない配慮も必要になって来るのではないでしょうか。

ゲーム機の処分

使用しないゲーム機を一体どのようにしていらっしゃるでしょうか。
もったいないから、押入に大切に保管している人たちもいるかもしれませんが、そろそろ捨てる時ではないでしょうか。

その時、捨てるにはどのような方法があるかということも考えてみなければならないです。
古くなったゲーム機や使わなくなったゲーム機を上手に処分する方法をここで紹介しましょう。

自治体の不燃ゴミ回収

単に一番簡単に方法と言えば、自治体の不燃ゴミ回収として処分することです。
ゲーム機は、それほど大きくないので、手間なく不燃ゴミとして捨てることが出来ます。

しかし、ゲーム機も段々と高度になって来ているので、ソフトをダウンロードするようなタイプのゲーム機を捨てる際はちょっと注意が必要です。
データを読み取って悪用されてしまうリスクがありますから、保存してあるデータはしっかり削除しなければなりません。

不用品回収業者に依頼

たくさんゲーム機があり、それを処分したいという場合、不用品回収業者に依頼するというのも方法です。
処分するのにお金はかかってしまうのですが、量が多いという人たちには、便利な方法です。

しかし、不用品回収業者に依頼というものの、中には悪徳業者もいるので、信用出来る業者にお願いをするようにしてください。
やはり、インターネットで口コミなどしっかりチェックをして、名の知れた業者にお願いするようにしてください。
お願いすれば、回収はしてくれたものの料金が異常に高いというケースが多く発生しています。

ゲーム機は売ることが出来る

そして、もう一つの方法は、ゲーム機を買取してもらうということです。
あなたが捨てようとしているゲーム機は、まだまだ他の人たちが必要としているものかもしれません。

まだまだ実際に使うことが出来るゲーム機なら、やっぱりそのまま捨ててしまうのはもったいないです。
プレイステーション4なら500GB 30,500円程度で買取をしてくれるお店が一杯存在しているのです。
Xboxなら3,000円~4,000円程度、ただし、出してもそれほどお金にならないという場合もあります。

買取を拒否されるケースもあるかもしれませんが、一度トライしてみるべきではないでしょうか。
プレイステーション1で、1000円程度のようです。
ニンテンドーDSは100円だったりします。

それは、ここに需要と供給の原理が働いているので、従わなければ仕方のない問題です。
ファミコン・ゲームボーイなど古いゲーム機だとしても、結構ゲーム機には、マニアという存在がおり、意外と高い値がつく可能性があります。

いかがでしょうか。
まずは、みなさんが押入の中をチェックして、要らないゲーム機か、まだ使いたいゲーム機か判断することからスタートしてください。

カーペットの処分

大きすぎて捨てる時にどうしていいか判らないというものの中にカーペットがあります。
その上にはタンスやピアノなどが置かれてあり、移動させるのもかなり大変だったりします。

気分一新のために、カーペットを替えるという人たちももちろんいるでしょう。
カーペットはゴミとして処分します。

その時カーペットは可燃ごみなのでしょうか?不燃ごみなのでしょうか?それとも粗大ゴミなのでしょうか。
サイズが大きいものは粗大ごみとして、小さい場合、不燃ゴミとなるケースが多いようです。

サイズの大きいカーペット

サイズの大きいカーペットは、自治体のルールに従って、粗大ごみとして回収してもらいます。
自治体それぞれのルールがありますので、直接確認をしてみてください。

60㎝×30㎝ならどうかという具合に具体的寸法で示すと相手も判りやすいです。
担当の人に、不燃ゴミで大丈夫と言われるケースもあるかもしれません。

いちいち確認するのが面倒くさいからと、 山中や空き地へ不法投棄する人たちも、未だいるようです。
今、そのような行為は、非常に監視も厳しくなってますので、決してしてはなりません。
注意をしてください。

カーペットは素材によって変わる?

カーペットでもう一つ注意をしなければならないのは、素材によって変わるということです。
カーペットの素材によって、可燃ゴミで出すことが出来、または不燃ゴミとして出さなければならないことにもなります。

小さいサイズのカーペット程度、または、ゴミ袋に入る程度に切れば問題はありません。
しかし、可燃ごみ、不燃ごみどちらで出せばいいかが判らないのです。

一般的には、 ウールや綿、麻、絹などの天然繊維や素材オンリーで作られたカーペットの場合、燃えるゴミで問題はありません。
しかし、 レーヨン、ナイロン、アクリル、ポリエステル、ポリプロピレン、などの合成繊維で作られたものは、サイズが大きくないものも、不燃ゴミで出す必要があったりします。

カーペット裏地にゴム素材がついたカーペットに対してもです。
その時も、カットできるものはごみ袋に入るサイズにカットして出すようにしてください。

50㎝×50㎝と言った正方形タイルカーペットも、不燃ゴミとして出します。
バラバラにならないようにビニール紐などで固定して出すようにしてください。

大きなカーペットは、小さくカット

大きいカーペットも小さくカットしてしまえばいいのです。
大変は大変かもしれませんが、小さくすることで、捨てることは楽になれます。

根気よく時間を費やしてやって行く以外方法はありません。
そして、バラバラにならないように、しっかり紐で固定などして、ゴミ袋に入れてください。
カーペットには、それぞれ自治体のルールがあるので、それを守ることは鉄則です。

衣類の処分

たくさんたまった衣類をどのような方法で処分すればいいのでしょうか。
簡単に方法が見つからないから、どんどんご自宅のタンスに溜まりっぱなしという人たちも結構多くいらっしゃるようです。

何年も着てないけど、捨てるのはもったいないと思っている人たちがいます。
ちょっと流行遅れだけど、また流行は戻ってくるものかもしれません。

今は着ないけど、いつか着る時が来るに決まっているなどと考えるとどんどん捨てる時期を逸してしまうものです。
このさい、捨てるという決断も必要です。

そのとき、自分で期間を設定して、その期間に一度も着なかったものは処分するというルールを作るのも方法です。
その時、デジカメで一枚写真を撮っておきましょう。
写真を撮ることで、随分簡単に捨てる決断が出来るようにもなったりするものです。

衣類はどのような処分の方法があるのか

衣類は電化製品、大型家具と比較しても処分の方法がそれほど難しいということではありません。
それは、燃えるゴミとして普通に出すことが出来るからです。

ごくごくノーマルのゴミの処分の方法です。
しかし、正確に言えば、綿100%は燃えるごみですが、ナイロンやレーヨン、ポリエステルといった化学繊維は自治体によって処分の方法が違っていたりするのです。

細かく裁断したり、燃えないごみ扱いにしなければならなかったり、 布製品専用の指定日があるという場合もありますので、事前に処分方法を確認するようにしてください。
そして、衣類も大量に捨てるとなれば、かなりの量になるので、日々コツコツ捨てるという姿勢も必要になって来ます。

リサイクルショップを利用する

しかし、その服は、他の人たちが現在欲しいと思っているものかもしれません。
そんな衣類を、燃えるゴミとして処分するのは、非常にもったいない話しでもあります。

リサイクルショップや古着屋を利用すれば、私達は、処分と同時にお金をもらうことが出来るかもしれません。
ただし、需要と供給の関係によって価格は決まり、あなたが依頼した衣類全部が買取されると決まっている訳ではありません。 

持って行った衣類に一つも値段がつかないこともあるでしょう。
思っているよりも全然価格が安く、リサイクル業者は思っているよりシビアと思うかもしれません。
わずかでもお金になれば、得というポジィティブな精神で向かっていただきたいものです。

ネットオークションやフリマ

衣類ならまだまだ方法があります。
インターネットを利用して、ネットオークションというのも方法です。

インターネットなら世界中の人たちが注目しており、そして、買いたいという人たちを競争させる原理があるため、思わぬ金額になる場合もあります。
焦らず、朗報を待ちましょう。
そして、アクティブな人たちは、天気のいい日、フリマに出店するというのも方法です。

冷蔵庫の処分

使用しない冷蔵庫は一体どのような方法で処分すればいいのでしょうか。
冷蔵庫も、大きくて重いから、なかなか大変そうということが想像出来ます。

冷蔵庫は、家電リサイクル法があり、自由に捨てることが出来ないのです。
私達の日常生活で、家電リサイクル法はやっぱり意識しなければならない法律です。

冷蔵庫をはじめ、エアコンやテレビ、洗濯機などの大型の家電は、自由に捨てることが出来ないのです。
つまり以前は粗大ゴミとして捨てることが出来たのに、リサイクル法で料金がかかるようになってしまったとも言えます。

販売店に依頼する

新しい冷蔵庫を購入する時、家電量販店などの販売店に引き取ってもらうやり方がありますが、これは実際に無料ではありません。
繋がっているという意味では段取りもうまく行く可能性が高いですが、引き取りには、5千円前後の料金が発生します。
しかし、買い換えでない時など、購入した店舗にお願いするなど方法が必要です。

家電リサイクル券を購入

自分で家電リサイクル券を購入したうえで、 指定引取場所に持ち込むという方法もあります。
その時、自分で運搬しなければならない問題があるのですが。

やはり冷蔵庫の抱える問題は、自分一人でなかなか移動出来ないことです。
家電リサイクル券は、郵便局で購入することが出来ます。

冷蔵庫の容量とメーカーによって料金が決定しますから、事前にチェックして郵便局へ行くようにしましょう。
指定引取場所は、お住いの自治体に再度問い合わせをする必要があります。

中古品として回収してもらう方法

そして中古品として回収してもらう方法があります。
冷蔵庫はまだまだ使用することが出来るかということも大事なポイントです。
もし使えるのなら、誰かにもらってもらうことも考えることが出来ます。

買取サービスを行っている業者があるので、そのような業者にお願いするのも方法です。
冷蔵庫を処分すると思っているのに、買取してお金をもらうことが出来るとすれば、それは本当にラッキーなことです。

いろいろな業者がいるので、出張費、査定料など注意をして選択をしてください。
無料キャンペーンをしているところなどもあります。

不用品回収業者にお願いする

そして、不用品回収業者にお願いするという方法もあります。
それぞれの業者に料金設定がありますので、しっかりチェックしてお願いするようにしましょう。

不用品回収業者にとって、価値あるものか、そうでないかによって、料金は変わって来ます。
そして、冷蔵庫以外に何か一緒に処分したいものがあれば、同時にお願いすることで、料金を安く出来る場合もあります。

とにかく、冷蔵庫は、重たくて大きいものであり、自分一人でなかなか処分出来ないものです。
ですから、しっかりとまずは計画が必要です。

ソファの処分

やっぱり大きな家具など処分することは、とても大変なことです。
購入する時から、そのようなことを多少意識していた方がいいかもしれません。

出来れば簡単にソファーを処分したい

出来れば簡単にソファーを処分したいものです。
果たしてそんな方法って、存在しているのでしょうか。
それは、自治体に引き取って貰う方法か、リサイクルショップでの買取か、はたまた、業者さんにお願いする方法か。

まず大まかに分類すれば、方法はその三つです。
リサイクルショップを利用する方法、そして、自治体を利用して粗大ゴミとして出す方法、そして、 回収業者さんにお願いする方法です。

リサイクルショップにお願いする

まず、リサイクルショップに出すということを考えてみましょう。
あなたにとって、ソファーは要らないものかもしれませんが、他の人たちがそのソファーを必要としているかもしれません。

だから、リサイクルショップでは、不要品などを引き取ってくれたりします。
しかし、高価買取などリサイクルショップに期待しているとたいていの場合、悉く裏切られるものです。
タダで引き取ってもらうことが出来ればラッキー程度に思っていた方がいいかもしれません。

その時、リサイクルショップに、「出張買取」、「無料査定」のキーワード程度は抑えて選択をしてください。
ソファーはとにかく、自分で運ぶことが大きな手間なのです。

粗大ごみとして自治体へ

そして、もう一つ、粗大ごみとして自治体へお願いするという方法があります。
まずは、お住まいの自治体のホームページを確認する、または電話番号を確認して、電話するようにしてください。
それぞれの自治体にルールがありますので、それをしっかり守るようにしてください。

たとえば、新宿区の場合、事前に自治体に連絡をし、粗大ごみシールの購入を購入しなければなりません。
簡単と言えば簡単なのですが、原則自分で出すという大きな問題を抱えています。

高齢者たちではやっぱりなかなか難しい問題です。
ただし、新宿区の場合、65歳以上の一人暮らしの方、身体に障害を持っていらっしゃる方は、自治体の作業員がお手伝いをしてくれます。

自治体への依頼ということで、どなたも安心して利用出来るというメリットはあります。
しかし、いつの時でも、粗大ごみ用のシールを購入をしなければならないデメリットは存在しています。

粗大ごみ回収業者にお願いする

最後に粗大ごみ回収業者にお願いする方法があります。
そのような人たちは、信用出来る人たちなのでしょうか。

公的機関である自治体とちがって、専門の業者は粗大ゴミの回収が商売です。
便利に利用することができますが、当然料金が発生することになるため、まず連絡をして来てもらい、見積もりをしてもらいます。

金額的に納得出来たら正式に依頼することになります。
その時相場などもしっかりチェックしておきたいものです。

ベッドの処分

ベッドが壊れてしまった、処分して欲しいという時に一体どのような方法を取ればいいのでしょうか。
ベッドは本当に処分に困るものです。

他のゴミとは違い、大きくて自分で動かすことが出来ませんし。
ベッドほど処分に困るものもないのです。
不用品回収業者にお任せすればそれで済む問題なのでしょうか。

ベッド、マットレスの処分について考える

まだまだ時間があるという人たちは、自分でギリギリまで行うことによって、費用をかなり節約することが出来ます。
ベッドも解体して、自分で移動してというのなら、粗大ゴミ扱いで出すというのが一番有効的方法です。

時間だけではありません。
かなり根性と体力を要する問題ですが。
それでも、粗大ゴミは無料ではなく、お金を支払いしなければなりません。

粗大ゴミなんてとてもじゃないけど無理

時間がなくて、根性も、体力もない人たちは、一体どのような方法でベッドを処分すればいいのでしょうか。
適当に考えていると、一番高い方法で、処分してしまうということも大いにあり得ることです。

1万円以上取られることもあり、それはやっぱり馬鹿馬鹿しいことではないでしょうか。
リサイクルショップへ回収してもらおうというモチベーションも生まれるのかもしれませんが、全然考えは甘いです。

リサイクルショップの人たちに来てもらうには、予約は1ヶ月前というケースもざらではありません。
そんな都合のいい考えを持っている人たちが最近では非常に多いのです。
リサイクルショップでも、そんなベッドを必要としている訳ではなく、積極的に回収してくれるのは、本当に使い勝手のあるものだけです。

どのような方法で処分すればいいのか

やっぱり、業者も重たいし、スペースを取るベッドという存在を嫌っているようですね。
業者も面倒くさいから出来れば回収したくないのです。
冷蔵庫よりもベッドの方がお金がかかると言われています。

しかし、捨てる人たちの立場は、出来るだけ安くというのがモチベーションです。
パイプベッド・折り畳みベッド、そしてマットレスの処分の場合、そうでないものよりも安くなるケースは多いです。
やはりここも業者の回収の面倒くささが違うからです。

私達は、ベッドを処分するという時、 大きさでしっかり料金が分かれ、内訳が判りやすい業者を選択するべきです。
どこの業者でもいいという見方ではなく、出来るだけ料金は安く済むように、比較する姿勢が大事です。

綺麗な状態であれば買取、回収料金を値下げというケースもあります。
常にベッドも丁寧に扱えばいいことがあるかもしれません。

そして、ベッド程度のものは価格が決定づけられているものでもなく、交渉の余地も残されていたりします。
まだまだ3000円から5000円程度値段を下げる可能性が残されているものです。