冷蔵庫の整理整頓

食物の保存空間

冷蔵庫は食材の鮮度を保つ大切な場所です。
しかし、買ってきたものをどんどん詰め込んでいくと、奥の方に使いかけの食材が気付かれないままに保存され続け、いつの間にか使えない状態になっているという可能性もあります。

冷蔵庫内の食材も、入れ方を考えることで、使いやすく、うっかり買っておいた食材の消費期限を過ぎてしまうとことも回避できます。
冷蔵庫の食材保存には、調理温度に応じての食材の収納の仕方があり、それにより冷蔵庫内がすっきりと、そして衛生的に保てます。
温めて食べるだけの残り物の傍に、これから調理しなければ食べられない生の食材があり、満員状態で接近した状態になってしまった、ということも防げますし、調理温度別に収納することで、食材の収納内容が把握しやすくなります。

プロの使用する冷蔵庫

キッチン系ブログメディア「The Kitchn」の冷蔵庫の収納方法の大きな基準となっているのは、調理温度です。
調理する際の温度が低いものを上に収納していくそうです。

ですから上に収納されるのは、もう調理済みでそのまま食べられる食品や、温めて食べる食品になり、次に肉類や魚の切り身が収納されます。
肉類でも、鶏肉は調理の際の温度が一番高いことから、下の段に収納されます。

家庭用冷蔵庫でこの方法を取り入れると、作り置きした食品や残り物、ヨーグルトやハムなど、そのままでも食べられる食材を一番上に収納します。
調理が必要な生ものは下の段の収納になります。

これを家庭でもあらかじめ決めておくことで、買ってきたものを構わずに詰め込むこともなくなり、自然と食材の整理もできます。

野菜と肉類収納の注意点

肉類を一番下の段に保存する際に、家庭用冷蔵庫の多くはその下に引き出し型の野菜室が設置されています。
扉が別の独立した状態ならよいのですが、すぐ上の段に肉類が保存され、プラスチックの仕切りなどの下に野菜、果物を保存する場合、肉類の細菌がついてしまう可能性が考えられます。
ひとつの冷蔵庫のスペースに引き出しがふたつある場合には、野菜、果物類の下に肉類を保存しましょう。

また、肉類を保存している引き出しのケースは、まめに洗浄し、清潔な状態を保てるようにしましょう。
冷蔵庫内は、買いだめや生活サイクルや都合により、満員状態になることもあります。

そうした際に肉類を他の食材の上などに置いて収納しなければならない状態の時には、きちんとパックされていることを確認した上で、パックされた肉類をプレートに入れてから、収納しましょう。
肉汁がこぼれてしまった時に、そうしておくと、他の食材につくことを防げます。
また、肉類を冷蔵庫から取り出す際には汁をこぼさないように気をつけましょう。

各物の見せ方

“h3>収納の掟

部屋の収納スペースの少なさや忙しさから、片付けに苦手意識を持つこともあるかも知れません。
しかし、片付けの基本を知ることで、きれいで使いやすい収納が可能になります。

まず始めに室内に雑然とあるものを見て、使うもの、使わないもの、現時点では使わないものとに分けていきます。
現時点で使わないものは事実上その先も使わないことが多いため、袋などにまとめます。
まとめる時にはアイテム別に分けることで、何がどれだけあるかや、不必要と判断できるものが明確に分かってきます。

続いて、使うと判断したものを収納していきます。
先ほど分けたアイテムごとに収納していきますが、ここで重要なのが収納する際に「いつ、どこで、誰が」使用するかということを考慮する点です。
同じアイテムでも、大人用、子供用が一緒に入っていると、大人、子供が使用するものを出す時に、通常使用しないものまで一緒に出すことになります。

また、子供用のアイテムにおいては、おもちゃや絵本を決まったカゴなどに収納する習慣をつけることで、片付け嫌いも回避できます。
家族が使用するものや、細かなものは簡単に出し入れできる場所に収納します。
置き場所が決まっていれば探す手間もなく、部屋も片付きます。

収納の見せ方と収納量

アクセサリー類などの小物は、ひとつひとつを分けて収納するのはなかなか大変です。
そうした時にディスプレイした状態の収納法が便利です。
インテリアの一部のようにすることでおしゃれに飾れますし、取り出しやすさなどの面においても便利です。

一方、新たに購入するとどんどんと収納スペースがなくなっていくのが、靴や洋服です。
収納する場所がないから、新たな収納スペースを作らなければと考えるかも知れませんが、新しい靴を購入し、靴箱がいっぱいになったら、古いものを処分するようにしてみましょう。
つまり決めた収納スペースに合わせ、収納量は増やさない、という方法です。
片付けにおいて、物を増やさないというキーポイントを踏まえ、新たに購入したものが加わるのであれば、古いものを処分していきます。

書籍や絵のファイリング術

雑誌や本など、気に入ったページがあるものは、捨てずに保存しておきます。
しかし、それを繰り返すと、かなりの量がたまります。
そこで活用したいのが、ファイリングです。
気に入ったページのみをファイルに保存することで、大幅に保存量が減らせます。

また小学校の間に授業で描く絵なども持ち帰れば、画用紙を丸めて保存するものの、見る機会もなく、場所も取ります。
しかし、それもファイルにまとめることで場所をとらず、見やすい状態で保存ができます。
捨てられない雑誌の記事や大切に残したい絵はファイリングすることでコンパクトに、そして使いやすく保存しましょう。

物の見極め

すっきりとした生活スペース

毎日を過ごす生活空間には、どのくらいのものが収納され、置かれているでしょうか。
以前は多くのものを持っている、維持していることが豊かさの象徴であり、よしとされていた向きがありましたが、現在では必要なもののみを維持し、その分すっきりとした余裕のある生活スペースであることのよさや質が評されてきています。

玄関のたたき、テーブルの上がすっきりとし、棚の中も詰め込むのではなく、食器や本がきれいにレイアウトされているような生活空間は、心もゆったりとさせてくれるものです。

しかし、そうした生活スペースを作りだすのはなかなかに難しいと捉える場合が多いのではないでしょうか。
その要因と考えられるのが、本来の収容量を超えるものが生活スペースにある、という点です。
自宅にあるもの全てが、どうしても必要で手放せないものか否かを考え、不必要と判断したものを手放すことで、自宅の収容量に見合ったものを収納するすっきりとした生活スペースが維持できるようになると考えられます。

片付けの手順

片付けをする際には、まず収納されているものを出します。
そこで必要なものとそうでないものに分けていきます。
単純な作業に思われますが、ここで全てのものを取っておく方向で片付けをしようとすると、片付け作業が難しくなったり、また片付け前と同じような状態になる可能性が高くなります。
手放すものの判断基準は、使っていないもの、いらないもの、好きでないものです。

洋服を片付ける場合では、一年以内に着ていないものをピックアップし、取っておくか手放すかを決めていきます。
その際にもし着ていなかったとしても、好きな洋服を無理に手放す必要はありませんし、逆に一年以内に着た洋服でも内心もう手放してもいいと考えているものは手放しましょう。
このように、現在収納しているものを選別し、必要なものとそうでないものとを分けてから、使いやすい収納作業に入ります。

それぞれの適正量

必要なものとそうでないものを選別することで、片付け以前と比較し、収納スペースはかなりすっきりとしてきます。
以前に比べものはだいぶ減りましたが、必要なもの、好きなもののみの収納されている収納は使いやすく、気持ちのよいものです。

また、ものを選別する片付けをすることで、新たにものを購入する際にも本当に必要か、好きなものかと考え、よいものを購入するようにもなります。
片付けは精神面や時間の面の他、経済面でも生活を豊かで潤いあるものにしてくれるのではないでしょうか。

いつの間にか増えていくビニール袋や紙袋も必要量を残し、片付けるようにしましょう。
靴や洋服、本など、さまざまな身の回りのものの適正量を維持していくことで、すっきりとした生活スペースが保てます。

突っ張り棒活用法

空いているスペースの有効活用

収納スペースにものを入れた時、上方が均一に空いていることはないでしょうか。
ものを入れる底面積はいっぱいだけど、上は空いている、という時にその上方部分に突っ張り棒をセットすることで、新たな収納スペースができます。

ちょっとしたスペースのように思えますが、そのスペースを利用することで、さまざまな収納スペースがより便利になります。
こちらのサイトでもより詳しく説明されています。
>>突っ張り棒の活用法[M3Q]|女性のためのキュレーションメディア

例えばキッチンの収納スペースの間が空いている時には突っ張り棒を二本入れると、ラップやジップロックの入っている長細い箱状のものが収納できます。
ただ収納できるというだけでなく、見やすく取り出しやすいメリットもあります。

キッチン以外にもデスクの引き出し下のスペースに突っ張り棒を入れると、つい踏んでしまうティッシュペーパーの箱を下向きにセットし、使いやすく活用できますし、トイレの棚の下に突っ張り棒を一本セットするとトイレットペーパーを置くスペースができます。
また突っ張り棒には、収納スペースを作ることの他に、棚の中を隠すカーテンの役割や、タオル掛けといった役割の活用方法もあります。

突っ張り棒とS字フック

突っ張り棒を一本セットし、そこにS字フックをかけると、また新たな方法で収納ができます。
キッチンの流し台などの下の収納部分に突っ張り棒をセットし、S字フックをかけ、そこにお鍋やフライパンをかけられますし、お鍋の蓋は洗濯バサミではさんでさげられます。

他に、突っ張り棒を二本セットし、ジップロックと、袋の口を閉めてとめられるカラーバーを用意します。
ジップロックに乾物の食材を入れ、カラーバーが突っ張り棒二本にひっかかるようにすると、使いたい乾物の食材もすぐに見分けられます。

洗濯機の傍では、S字フックに洗濯ネットをかけ、洗濯するものを分けて入れられるように活用すると便利です。
また突っ張り棒二本を部屋の壁と家具との間に狭い間隔でセットし、突っ張り棒二本に布を通すとそこに本やCDが入れられ、壁掛けブックシェルができます。
他に、取っ手のついたカゴの両側にS字フックをかけての収納や、少し長めのS字フックを使用し、底の浅いカゴをかけての活用法もあり、見た目の工夫もできます。

突っ張り強力ポールの活用法

突っ張り棒は軽いものを空いているスペースに収納する方法がある一方、耐荷量の多めのものに対応できる強力ポールという突っ張り棒を活用する方法もあります。
突っ張り強力ポールの上に収納ボックスを置き、タオルや衣類を入れると、かなりの収納スペースが作れます。

突っ張り棒はさまざまな場面でとても収納に便利ですので、活用する際には何を収納するのかを想定しましょう。
通常の突っ張り棒の耐荷量は四キロ程度ですので、強力ポール、突っ張り棒と適した場所で活用するとよいでしょう。

部屋の設計を考える

掃除はお掃除ロボット

部屋毎日忙しいけれど、部屋の掃除をしなければならないと憂鬱になってしまうこともあるのではないでしょうか。
そうした悩みを持つことから解放してくれる手段のひとつがお掃除ロボットです。
値段は一万円から十万円ほどです。
掃除をしなければいけないという概念や義務感と、部屋の掃除とを分けて、割り切った考えを持ってみるとよいでしょう。

お掃除ロボットでの掃除をすると決めたら、ソファなどの家具は床との隙間が十センチ以上空いているものを選びましょう。
お掃除ロボットでの家具の下の掃除がしやすくなります。

テレビなどの家電製品は、黒を選ぶことが多いのではないでしょうか。
黒はほこりがたまると目立ちやすい色です。
ああ、ほこりがたまっていると憂鬱になるようでしたら、白を基調にした家電を選ぶとよいでしょう。

ただし、ソファや絨毯など、汚しやすい家具については白を避けた方がよさそうです。

ラックやハンガーを活用

毎日生活する部屋には、どうしてもものがたまります。

読もうと思って買って来た雑誌や、後で見ようと思っているダイレクトメール、手元にあると便利な小物など、人によって使うものはそれぞれです。
ひとつひとつをその時に収納スペースを準備して片付けられればいいのですが、そこまで気力がない、面倒という時には便利なのが、さまざまなものが入るラックです。
テーブルの上や床に置いてあるものをラックに入れられれば、すっきりと床が片付き、テーブルも使いやすくなります。

また、洗濯し、乾いた洗濯物を一枚一枚畳んでしまうのが面倒という場合には、ハンガーを活用すると便利です。
ハンガーの跡がついてしまうTシャツ類は注意が必要ですが、ハンガーが使用できるものは、ハンガーにかけて干し、乾いたらそのままかけた状態で置いておけば、畳まずに床に放置している間に他の洗濯物と絡まってくしゃくしゃになる心配もありません。

ウェットティッシュの活用

自宅のテーブルや机は食事やデスクワークなどさまざまなことで活用します。
使用後に毎回きれいに拭いていればよいのですが、拭かずにいると汚れたままですし、食事やデスクワークの際に、あまり清潔ではないテーブルや机をそのまま使用することになります。
しかし、毎日忙しかったり、疲れていると、布巾を濡らしてきちんと絞り、テーブルや机を拭くことや、それを洗濯することも面倒に思えるかも知れません。

そうした時に役立つのがウェットティッシュです。
ウェットティッシュをテーブルや机に置いておけば、その場ですぐに拭けますし、何かこぼした時にも素早く対応できます。
テーブル、机の布巾がけが面倒でも、ウェットティッシュを置くことで手間をかけずにテーブルや机を拭けます。

100均収納

洗面台下のケース活用法

100均洗面台下はスペースが広いのですが、有効に活用するのが少し難しい場所かも知れません。
物が混在している洗面台下を片付け、100均商品を活用して整理してみます。

すっきりと収納させるために、まず現時点で収納されているものを全て出してみます。
奥にしまっていたために忘れられていたものの中には、あるのに新たに買い足し続けているものや、もう使わないものもありますので、不必要なものをここで捨てます。
この時点でだいぶ収納するものが減ります。

洗面台下の収納には、100均のコの字型のラックと、ラックの上下に置くプラスチックのケースを活用します。
バケツはもともと収納に使用されていたので、それを今回も使用します。

次に洗面台の正面収納ですが、こちらもまずいらないものを処分して、スペースを広く使えるようにします。
細かな化粧品のクリーム類や小さなスプレー状のものは、使用後の位置が変わったり、倒れることがあるので、直置きせずにプラスチックのケースに入れるなどして収納します。
丁度よいものがなければ、ペットボトルをカットするなどしての使用もよいでしょう。

ケースも水洗いできるので清潔に保てることもポイントです。

壁面収納の小物収納法

壁面収納は部屋の中でも多くのものを収納できるスペースです。
しかし、日常的に使用するものの多くを収納するため、中はいっぱいになってしまいがちです。

こちらもまずは収納しているものを出して、期限の切れた薬などを捨てます。
この時点で探していたものが出てきた、手前に置いて使いたいものはこれ、という事柄から収納先を考えていきます。

CDは100均の長細いケースを使用し、奥ゆきを活用しましょう。
内服薬と外用の薬もそれぞれのケースへ収納します。

きれいに収納していく段階で、まだ収納するものがあるのにケースが足りない場合は、とっておいた紙袋を活用してみましょう。
マスクの買い置きなど軽くて小さいものであれば、紙袋を半分から折って作った箱で収納できます。

種類ごとに分けての収納

収納の片付けは、まず現時点で収納されているものを出すことです。
奥ゆきのある収納スペースや高さのある収納スペースでは、ラックやプラスチックのケースを活用し、収納空間を有効に使用できるようにしましょう。

また収納する際には大きさの他に、収納するものの種類によって分けて収納することも大切です。
例えばこの収納スペースは掃除用品、この収納スペースには書類、薬類、というふうに分けていきます。
家族間などで一緒に使用する収納については、何はどこ、というものの収納されている位置を確認しておきましょう。

それぞれに使用する頻度の高いものは異なります。
その点も考慮し、よく使うものは見やすく、手前の出しやすい場所に収納すると便利です。